F’sdiary

訪れて下さった全ての方のお役に立てるサイトにしていきたいです!

脳内カテーテル検査とはどんな検査?体験談を赤裸々に告白します!

f:id:Fsdiary:20191007154623j:plain

血管系の治療や検査をするためにカテーテル術というものが使われることは多いと思います。

例えば、動脈にステントを入れる治療であったり、造影剤を血管に流し込み血管の形を確認したりするときに使われたりしますよね。

 

僕は10代の頃に脳内出血でカテーテル検査を数回こと受けたことがあります。

その内容は血管に造影剤を流し血管の形を確認するというものです。

 

そのときの体験談やどのようにして検査が行われるのか、患者の立場で書いていこうかなと思います。

 

造影剤によるレントゲン撮影もありましたので少し書いておきます。

造影剤とは血管に流しこむことによって血管の形を確認する薬のようです。

造影剤を流すための注射は点滴の注射より少し太めですが、大人であれば少し痛むくらいで我慢できると思います。

レントゲンを撮る直後に造影剤を流しレントゲンが撮られます。造影剤を入れた直後は体が熱くなりますが一時的なもので僕は大丈夫でした。

 

カテーテルは太もも(鼠蹊部付近)や腕から局所麻酔をして動脈まで注射をします、そして動脈にカテーテルを挿入して治療や検査を行います。

 

僕の場合は、腕の動脈から脳の血管までカテーテルを通しました。(血管造影)

脳手術前と手術後に各1回ずつカテーテル検査を受けました。

カテーテル検査は検査中に鎮静剤を打つためウトウトしながら受けることができます。寝る人もいるらしいですが、僕の場合はウトウトするくらいでした。

 

検査時間は1時間ほどだったと思います。(個人差がありますし、先生の技術力にもよると思います)

 

検査台の隣にはいくつかのモニターが並べられていました。

このモニターを確認しながら先生はカテーテルを操作していたと思います。

 

まず、もともと刺さっている点滴から鎮静剤を流します。そして腕に麻酔を施して太めの注射針を動脈まで注射します。

検査中は腕の部分を見ることはできなかったためカテーテル用の針がどれくらい太かったのかは確認することができませんでした。

聞いた話によるとカテーテル用の注射針は太いみたいです、ですが麻酔が効いているので全く痛くありませんでした。だから安心してください。

(もちろん痛みには個人差がありますし、あくまで僕の感覚です)

 

鎮静剤の効果もあり、意識が朦朧としたまま検査は進められます。そのまま動脈を通り脳の血管までカテーテルが通ります。到達後何が行われていたのかは分かりませんが、造影剤を流されたと思います。

先ほども書いたように、造影剤を流した後は身体中が熱くなりますが、一時的なものですぐに元に戻ります。

 

造影剤を流し、少したったら検査が終わりに近づきました。そのまま横になっているだけで終わることができました。

 

鎮静剤が切れるまではしばらくウトウトした感じが続きますが、切れると元に戻るので安心です。

また全身麻酔ではなかったため検査後の体への負担もあまりありませんでした。

僕の場合、カテーテルは検査で使われましたが、ステント留置などの手術で使われることもあるそうです。

 

僕はカテーテル検査に対して二つ不安を抱いていました。

それは何かというと、

・カテーテルが血管を突き破ることはないか

・動脈から出血はしないのか

ということでした。

 

カテーテルが血管を突き破ることはないか、に関してはカテーテル検査、手術を受ける方にとって凄く気になる部分ではないでしょうか。

これに関して不安を抱くのは凄く分かります。

現にカテーテルによる血管損傷の事故が過去にあることも僕は知っていました。

ですがそれは希の確率ですし、そもそもそのような事件が多発していたらカテーテル検査なんて受けたくありませんよね。

 

僕の祖母、また親戚もいままでカテーテル術を受けていますがその手術のたびに命を繋いでもらっています。

失敗というのは本当に希ですし、1回目は先生が経験豊富な先生だったため、僕は安心して受けることができました。

 

もう一つは、動脈に注射したら血が噴き出すのではないのか、という不安でした。

まず動脈に注射をするということに関して凄く怖さを感じました。

出血に関しては検査中に腕の部分を見ることができなかったため、確認することはできませんでしたが、術後の出血はほとんどありませんでした。

 

もちろん検査中は多少の出血はあったと思いますが、たくさん出るようなことはなかったと思いますし、もちろん出血しないように「検査の仕組みがしっかりしているのだな」と思いました。

 

今回の経験のまとめると、先生の腕により時間がかかることもあれば短くなることもある、また腕により苦しいか楽に終わるかが決まると思いました。

 

僕の場合は1回目の検査はすごく楽でしたが、2回目の検査は研修医の方が一緒に検査をしたらしく相当苦しかったです。

この経験からカテーテルだけに限らず医療に関しては先生の腕によりけりだということがより分かりました。

これからカテーテル検査を受ける方は、経験豊富な腕の良い先生にお願いした方が良いと思います。

 

鎖骨骨折は痛い?どんな治療をするのか?体験談を告白!!

f:id:Fsdiary:20191003011046j:plain

骨折の経験がある人は多いですよね。

骨が折れた時のあの痛み、、すごく痛いですし、相当辛いです。

僕は足の小指が折れた時ですら痛すぎてずっと飛び跳ねてしまいました笑

ですがこの足の小指の骨折が軽く思えてしまうときが来るとは知るよしもありませんでした。

 

骨は体のいろんな部分を支えていますよね。

 

僕は10代の頃に鎖骨の骨を複雑骨折してしまいました。

骨折直後、激しい痛みに襲われて過呼吸状態で僕は病院へ運ばれました。

最初は肩が脱臼しただけかと思っていましたが、尋常ではない痛み鎖骨部分の変形があり脱臼ではないことに気がつきました。

足の指を骨折した時とは比べ物にならないくらいの痛みで、骨折した骨が皮膚を内側から押し出していました「皮膚を突き破るんじゃないか?」と思うくらいです。

 

病院ではまず、 CT撮影(レントゲン)などでどのような折れ方をしているのか撮影し、そのまま入院することになりました。

レントゲン写真の結果、鎖骨の骨が4つに分裂していました。

 

医師は外科手術をしなければ直せないと僕に告げました。

僕はすごく嫌な予感がしたんです。

それが何かというと、全身麻酔での手術です。

僕は過去に大きな病を患い全身麻酔で手術をしたことがあり、その際に全身麻酔の恐怖や術後の反動を分かっていた為です。

 

全身麻酔のリスクに関してはこちらにまとめてあります。

 

ですが担当の医師から告げられたのは全身麻酔での手術でした。

局所麻酔を望んでいる自分がいましたが、ここまで大きな骨折だと全身麻酔かもしれないと自分でも薄々感じていました。

 

今回の手術の内容としては、4つに折れた骨をチタン製のプレートとネジで固定するというものでした。

 

「ん、、いやいやまてよ、」

「チタン製のプレートを入れるということは抜釘もあるんじゃないの?」

 

ここで2度目の嫌な予感が当たってしまいました。

全身麻酔をして鎖骨を繋いだとしてもまた一年後にプレート抜く手術をしなければならないのです。

 

「2回も皮膚を切らなければいけないのですか、、」

「次も全身麻酔だったらどうしよう、」

絶望的な気持ちになりながらも「とりあえず今を乗り切ろう」という気持ちで手術を受けることにしました。 

 

手術当日までは数日かかりました。折れた状態での入院生活はすごく不便です。

入院してから手術が始まるまでずっと肩にゴム状のバンドを巻きつけて鎖骨が伸びた状態を維持します。

 

そして手術当日、全身麻酔のガスで僕は眠りにつきました。

手術は結構複雑に折れていたため3時間〜4時間ほどかかったそうです。

 

術後の夜は激しい痛みが襲いました。やはり全身麻酔からくる吐き気や発熱もあり、一睡もすることができませんでした。(個人差があります)

 

数日後にもう一度レントゲンを撮り、先生と一緒に肩にチタンプレート一本とネジが数本入っているのを確認しました。

固定器具はチタンプレートのため、体への影響はあまり無いそうです。

そして術後三日間ほどは気分の悪さが続きましたが、なんとか一週間後くらいには退院することができました。

 

それから僕は鎖骨のことは忘れて生活していました。ですが抜釘の日はやってきます。

一年半後に再び同じ病院に戻ってきました。

 

僕は「また全身麻酔をしなければいけないのか」と思うだけで抜釘手術が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

不安な気持ちで診察室に入った僕に先生は全身麻酔か局所麻酔か選べるよと教えてくれたので、僕は迷わず局所麻酔で抜釘することを選びました。

 

麻酔科の先生も全身麻酔はリスクが大きいから局所麻酔の方が良いと言ってくれたので安心して局所麻酔で手術を受けることができました。

 

局所麻酔の針注射は最初は痛みますが我慢できないほどではありませんでした。

手術は1時間かかったか分からないくらい早く終わり、手術中は意識があったため隣の看護師さんと話していました。

先生が「今釘が一本抜けたよ」「そろそろ終わるよ」と伝えてくれたので、「いつ終わるんだろう」という恐怖心もありませんでした。

術後の反動も無くすぐに退院できたので、やっぱり局所麻酔にしてよかったなと思いました。

 

抜けたプレートは自宅に持ち帰れるらしいです。長さが大体15センチほどでした

 

・鎖骨骨折(外科手術あり)の治療の大まかな流れ

1、レントゲン撮影

2、手術まで肩にゴム状のバンドを固定

3、手術開始

4、入院期間

5、退院

6、骨がつながったら抜釘

 

個人差があるとは思いますが、僕の場合の流れはこのような感じでした。

(今回記載した内容も僕の場合は相当大きな骨折だった為苦しんだ部分もありますので皆さんが同じというわけではありません)

 

いろんな部分の骨がありますが、骨折してしまったら一番痛むのはどの部分なのかとインターネットで調べたことがあります。

もちろん痛みの感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、鎖骨骨折はかなり上位だそうです。

折れてしまったことがある方は分かるかもしれませんがものすごく痛いです。

職業柄危険な仕事や、趣味などでスポーツをやられてる方は特に気をつけてくださいね!(^_^)

 

全身麻酔よりも局所麻酔の方が体にかかる負担が少ない理由。

f:id:Fsdiary:20190927142346j:plain

全身麻酔が体に大きな負担をかけてしまうことはみなさん知っていますか??

 

局所麻酔は比較的に簡単な手術で使われることが多く、名前の通り局所に麻酔をしますよね。

僕は入院経験が多く、今まで全身麻酔や局所麻酔での手術を数回経験してきました。

僕は外科医でなければ麻酔科医でもありませんので専門的な部分は書くことはできませんが、自分の体験談を書いていこうと思います。

 

まず、最初に僕は全身麻酔での手術よりも局所麻酔での手術を選んできました。

もちろん全身麻酔をした方が良い」とおっしゃる方もいるかもしれません。

ですが僕の今までの体験から局所麻酔の方が明らかに楽だったのです。

 

まず局所麻酔は体の一箇所に麻酔を施します。もちろん最初の麻酔注射は少し痛みますが、1本目の麻酔注射で麻酔が効いているので2本目からはあまり痛くありません。

確かに術中意識があるので手術に対する恐怖感はあるかもしれません。

ですが術後の体への反動だったり、退院までにかかる時間が少なく済みます。

 

一方全身麻酔はというと一箇所ではなく体全体に麻酔をかけるため体への負担が大きくなりますし、入院期間も局所麻酔より長くなります。

全身麻酔がなぜ体に負担がかかってしまうのか分からないという方も多いと思います。普通に考えたら「寝て目が覚めたら手術終わってるんだからいいでしょ」と思うかもしれません。ですがこれは恐ろしいことなのです。

 

 

僕が一番気にしているのは、術後の反動、尿道バルーン、呼吸器具の挿管です。

尿道バルーンとは麻酔中に排尿ができないため尿道にストロー状の管を通します。

もちろん手術中に行われるので痛みはなく、目が覚めたら「あ、入ってる」くらいのものではあります。

抜くときは多少の痛みはありますが、恐ろしいほどの痛みではありませんでした。

(痛みには個人差があります。あくまでこれは自分の場合です)

 

 

次に呼吸器の挿管です、これは僕の記憶だと喉の奥まで太い管を挿管しました。

目が覚めた直後はキツかったですが外されたときは凄く幸せでした。

この呼吸器の挿管は全身麻酔をかけることによって自分で呼吸ができなくなるので人工的に呼吸をさせるためのものらしいです。

そう考えたら恐ろしく感じてしまいました。僕は全身麻酔とは仮死状態ということではないか?と考えるようになりました。

 

そして術後の反動はどうだったのかというと、、

 

正直言って「最悪です」。。

 

 

僕は10代で2回ほどですが、全身麻酔が必要な手術を経験しました。

一つはおおまかに書くと脳内出血です。

やはり脳手術は長時間の手術になり、目が覚めたら次の日になっていました。

長時間の全身麻酔によって僕は一週間ほど反動に苦しみました。

発熱と吐き気に襲われて、例えるのであればインフルエンザと胃腸炎が同時に発症したかのような苦しさでした。

「長時間の手術だったから反動が大きかった」というのはあります。正直このときの反動が一番辛くてもう全身麻酔はしたく無いと思いました。

 

もう一つの全身麻酔の体験は鎖骨を複雑骨折してしまった時に鎖骨をチタンプレートで繋げて固定する手術をしました。

この手術をしたとき、術後1日目は痛みで眠れませんでしたが、体への反動は脳手術の時よりは少なかったです。やはり手術時間が関係しているのでしょうか。

それでもやはり術後三日間くらいは吐き気がありました。

 

もちろん肩の部分にチタンプレートを入れたので、一年半後に同じ病院でプレートを抜きました。

その手術を行う際に、医師に告げられたのは「局所麻酔か全身麻酔か選べますよ」ということでした。

家族はもちろん全身麻酔を推奨してきましたが、僕は全身麻酔の術後の反動など分かっていたため、局所麻酔での手術を決めていました。

麻酔科医に相談し、その時に対応してくれた麻酔科医の先生がすごく歳を重ねたベテランの方で、その先生も局所麻酔の方が良いということでした。

その時麻酔科医の先生に詳しく話を聞けたことによって、全身麻酔が体にかけるリスクや負担を再確認することができました。

 

そして鎖骨プレートを抜く手術を局所麻酔で行った結果、、、

 

ほんとに楽に手術が終わりました!

 

局所麻酔だったので確かに麻酔の注射は1本目は痛かったですがやはり1本目で麻酔が効いている為、2本目から全く痛くありませんでしたし、全身麻酔の苦しさを経験している僕からすれば手術中の恐怖などは全くありせんでした。

隣の看護師さんとお話をしながら手術は行われましたし、「あれもう終わったの?」という感じでした。

 

 

・ここで僕が感じた全身麻酔と局所麻酔の双方のメリットデメリット書いておきます。

 局所麻酔のメリット

全身麻酔に比べ反動が少ない

・術後の復帰が早い

局所麻酔のデメリット

・意識がある為、術中の恐怖心がある

・麻酔注射の痛みがある

 

全身麻酔メリット

・意識がない為、術中の恐怖心がない

・麻酔注射ではなく、ガスによる麻酔のため痛みはない

全身麻酔デメリット

・復帰するまで時間がかかる

・体を仮死状態にするため術後の反動が辛い

尿道バルーンを挿管する

 

もちろん手術の大小によってデメリット、メリットが覆されることはあります。

あくまで僕が感じた上での意見です。

 

大きな手術となるとやはり全身麻酔で行いますが、局所麻酔か全身麻酔か選べるのであれば、担当の先生や麻酔科医の先生としっかりお話をして決断したほうが良いと思います。

患者として、個人の意見ですが僕は選べるのであれば局所麻酔を選びます。

  

入院した時の不安や恐怖を軽減する方法。

f:id:Fsdiary:20190522033836j:plain

長い闘病生活を送るのはとても苦しいことです。

入院生活の経験が無い方もいるとは思いますが、入院生活を送ったことがある人はたくさんいると思います。

入院しながら自分の病に対して「なんで俺が、、なんで私が、、」という感情が湧いてくることもあると思います。

 

僕も今まで重い病にかかり恐怖と戦いながら生活していました。後遺症も残ったりしました。僕は恐怖と戦いながら今を頑張って生きている皆さんの不安や恐怖を緩和したくてこの記事を書くに至りました。

 

入院生活における不安とは沢山の種類があると思います。手術に対しての恐怖だったり後遺症に対しての恐怖など、、、

 

僕がしてきた入院生活の中で「これがあれば不安も軽減されるかな」と思ったのは、入院している患者さんに対して専用の明るいテレビチャンネルがあればいいなと思いました。

テレビでお笑い番組などがずっと放送されていれば良いのですが、悲しいニュースやお昼の天気予報が多い時間帯はあまり明るい気持ちにはなれませんよね。

 

僕は入院中ずっと自分の中で絶対に病に打ち勝ち、その先の自分の将来像をずっと考えていました。正直重い病にかかると「先のことなんて、、自分には、、」という考えが出てきます。

ですが、その未来の希望を自由に想像することで自分の病に対して強く立ち向かえたりしました

誰だって先のことはわからない、1秒後、1分後、1時間後、明日、何が起きてもおかしく無い。

だから今を一生懸命に生きる、僕には1分1秒を一生懸命に生きてる人が凄く輝いて見えます。

 

・不安や恐怖を紛らわす方法 

 

 

漫画やアニメ・ドラマを1話から最終話まで読む📖

現実の中にはない幻想的な物語だったり、学園生活、恋愛系、自分が関心のあるカテゴリーに手を出せば恐怖や不安を忘れる時間を作ることができます。

 

チャットアプリをする💬

今はSNS社会です、親や兄弟、親戚、自分の話を聞いてくれるのは身近な人間だけでは無いということです。

自分が不安だと思うことや恐怖を聞いてもらえたり、例えばこのこと(不安・恐怖)に対するアドバイスも得ることができます。

ただし使い方によります、世の中には色んな人がいますので特に最初は距離を測りながらが肝心です。

出会い系アプリなどはオススメしません。❌

ラインプレイなど会話が目的のアプリを使いましょう。⭕️

 

ノートに自分の思いの丈を書き綴る🖋

嫌なことや自分の気持ちの変化をノートや携帯のメモに書き綴ってみましょう。

一人で抱え込むことはよくありません。なので一人の時はノートに自分の思いや不安、ストレスに感じることを書くことによって気持ちが少し楽になります

不安な気持ちのはけ口になり、不安などを書き記す自分が不安な気持ちを抱える自分の味方になってくれます。

自分の敵は自分。という言葉があるように、自分の味方も自分自身になりえるのです。

 

テレビを見る📺

自分の見たい番組や明るい番組をみることによって不安や恐怖を緩和させることができます。

 

音楽を聴きながら別のことをする🎵

音楽というのは癒しです。体の傷は心の傷と結びつきが強いです。心を癒すことができれば明るい気持ちになれたり、思考が前向きになったりします。

自分は悲しい時、怖い時、不安な時、ずっと音楽と共に生きてきました。もちろん入院中も、何かで悩んでしまう時も。自分の好きな音楽を聴きながら、なんでも良いです、絵を描いたり、スマホで海外の写真、綺麗な風景を見る。

病は気からという言葉があるように、心が癒されれば体の治癒に貢献できます

 

病院での出会いを大切にする

病は人によって違いますが、病と闘っているのは周りにいる皆も同じ、一人じゃありません。自分の苦しさを吐き出せたり、また相手の話を聞いてあげたり、人とのふれあいも自分の不安や恐怖を緩和させる方法だと僕は思います。

もちろん自分には合わない人もいるかもしれません、ですが他の患者さんだったり、看護師さんだったり、先生だったり、話を聞いてくれる人はいます。

そこでしか出来ない関係を大切にすることで自分は一人では無いことに気づけますし、また人に感謝できます。

 

最後に〜 

・入院生活というのは誰もが精神的に苦しくなります、もちろん肉体的にも。病と闘う強さ、勇気、ものすごく必要です。

この記事を読んだ皆さんが実践してみていただければもちろん嬉しいですし、少しでも皆さんの重い気持ちが軽くなることを願っています。