F’sdiary

訪れて下さった全ての方のお役に立てるサイトにしていきたいです!

iPhoneやiPadの画面をMACに表示する方法がありますよ!!

f:id:Fsdiary:20190621230941j:plain

せっかくMACiPhoneがあるのであれば大画面でiPhoneの画面を見てみたくはありませんか?

会社のプレゼンテーションなどでMACiPhoneの画面を写して発表することもできますので使い方さえ分かるのであれば利用してみたいですよね。

なので今回はiPhoneの画面をMACの画面に出力する方法をご紹介していきたいと思います。

 

iPhoneiPadの画面をMACに表示する方法👆 

 

QuickTime prayerでiPhoneの画面を表示する。

今回はiPhoneiPadの画面をMACコード一本で接続する方法を書いていきたいと思います。

今回はMACQuickTime prayer」というソフトを使います。基本最初からインストールされていると思います。

こちらですね↓

f:id:Fsdiary:20190622015126p:plain

 

QuickTime prayerのインストールはこちら

 

接続に必要なもの☝️ 

iPhoneMAC本体をつなぐケーブル(Lightning USBケーブルなど)

QuickTime prayer(ソフト)

だけです。。

ソフトさえあれば、コード一本で接続できてしまいます!!

 

準備ができたらさぁ進みましょう‼️

まずはiPhoneiPad)とMACをUSBケーブルで接続します。

そして「launchpad」を開いて「QuickTime prayer」を開いてください。

f:id:Fsdiary:20190622021325p:plain

 

そうすると次の画面が出てきます↓

f:id:Fsdiary:20190622022050p:plain

このQuickTime prayer」をクリックしてください。

 

すると左上画面に「ファイル」という部分があると思いますので「ファイル」を開き「新規ムービー収録」という部分をクリックします。↓

f:id:Fsdiary:20190622022407p:plain

 

するとカメラが開きこちらの画面が出力されると思います。

f:id:Fsdiary:20190622023217p:plain

この画面まで進むことができればもう一息です!赤色の録音マークの右側に▽マークがありますのでそちらをクリックしてください。

うまくiPhoneiPad)と接続できていれば、「〇〇のiPhoneのように自分のiPhoneiPad)の名前が画像のように出てくると思います。

(※個人情報の為、名前の部分は黒く塗りつぶしてあります)

 

つぎは「〇〇のiPhone」をクリックします。すると。。

f:id:Fsdiary:20190622024348p:plain

このようにiPhoneiPad)の画面を表示させることができました‼️

この状態でiPhone横に傾ければ画面も横になりますので大画面で映像を見ることが可能ですね!!

 

注意点⚠️

最新のMacノートパソコンにはUSBtypeAの端子がないので充電器のコードを使おうと考えている方はUSB typeAからUSB typeCへの変換プラグを用意しておくことをおすすめします。

 

最後に〜

この機能を生かすことができれば、家族でスマホの画像を大画面で見てみたり、会社などのプレゼンテーション、学校の発表会などで役に立つと思います。

iPhoneでしかできないアプリを大画面で楽しむこともできるので、いろんな使い方を試してみてください!