F’sdiary

訪れて下さった全ての方のお役に立てるサイトにしていきたいです!

鎖骨骨折は痛い?どんな治療をするのか?体験談を告白!!

f:id:Fsdiary:20191003011046j:plain

骨折の経験がある人は多いですよね。

骨が折れた時のあの痛み、、すごく痛いですし、相当辛いです。

僕は足の小指が折れた時ですら痛すぎてずっと飛び跳ねてしまいました笑

ですがこの足の小指の骨折が軽く思えてしまうときが来るとは知るよしもありませんでした。

 

骨は体のいろんな部分を支えていますよね。

 

僕は10代の頃に鎖骨の骨を複雑骨折してしまいました。

骨折直後、激しい痛みに襲われて過呼吸状態で僕は病院へ運ばれました。

最初は肩が脱臼しただけかと思っていましたが、尋常ではない痛み鎖骨部分の変形があり脱臼ではないことに気がつきました。

足の指を骨折した時とは比べ物にならないくらいの痛みで、骨折した骨が皮膚を内側から押し出していました「皮膚を突き破るんじゃないか?」と思うくらいです。

 

病院ではまず、 CT撮影(レントゲン)などでどのような折れ方をしているのか撮影し、そのまま入院することになりました。

レントゲン写真の結果、鎖骨の骨が4つに分裂していました。

 

医師は外科手術をしなければ直せないと僕に告げました。

僕はすごく嫌な予感がしたんです。

それが何かというと、全身麻酔での手術です。

僕は過去に大きな病を患い全身麻酔で手術をしたことがあり、その際に全身麻酔の恐怖や術後の反動を分かっていた為です。

 

全身麻酔のリスクに関してはこちらにまとめてあります。

 

ですが担当の医師から告げられたのは全身麻酔での手術でした。

局所麻酔を望んでいる自分がいましたが、ここまで大きな骨折だと全身麻酔かもしれないと自分でも薄々感じていました。

 

今回の手術の内容としては、4つに折れた骨をチタン製のプレートとネジで固定するというものでした。

 

「ん、、いやいやまてよ、」

「チタン製のプレートを入れるということは抜釘もあるんじゃないの?」

 

ここで2度目の嫌な予感が当たってしまいました。

全身麻酔をして鎖骨を繋いだとしてもまた一年後にプレート抜く手術をしなければならないのです。

 

「2回も皮膚を切らなければいけないのですか、、」

「次も全身麻酔だったらどうしよう、」

絶望的な気持ちになりながらも「とりあえず今を乗り切ろう」という気持ちで手術を受けることにしました。 

 

手術当日までは数日かかりました。折れた状態での入院生活はすごく不便です。

入院してから手術が始まるまでずっと肩にゴム状のバンドを巻きつけて鎖骨が伸びた状態を維持します。

 

そして手術当日、全身麻酔のガスで僕は眠りにつきました。

手術は結構複雑に折れていたため3時間〜4時間ほどかかったそうです。

 

術後の夜は激しい痛みが襲いました。やはり全身麻酔からくる吐き気や発熱もあり、一睡もすることができませんでした。(個人差があります)

 

数日後にもう一度レントゲンを撮り、先生と一緒に肩にチタンプレート一本とネジが数本入っているのを確認しました。

固定器具はチタンプレートのため、体への影響はあまり無いそうです。

そして術後三日間ほどは気分の悪さが続きましたが、なんとか一週間後くらいには退院することができました。

 

それから僕は鎖骨のことは忘れて生活していました。ですが抜釘の日はやってきます。

一年半後に再び同じ病院に戻ってきました。

 

僕は「また全身麻酔をしなければいけないのか」と思うだけで抜釘手術が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

不安な気持ちで診察室に入った僕に先生は全身麻酔か局所麻酔か選べるよと教えてくれたので、僕は迷わず局所麻酔で抜釘することを選びました。

 

麻酔科の先生も全身麻酔はリスクが大きいから局所麻酔の方が良いと言ってくれたので安心して局所麻酔で手術を受けることができました。

 

局所麻酔の針注射は最初は痛みますが我慢できないほどではありませんでした。

手術は1時間かかったか分からないくらい早く終わり、手術中は意識があったため隣の看護師さんと話していました。

先生が「今釘が一本抜けたよ」「そろそろ終わるよ」と伝えてくれたので、「いつ終わるんだろう」という恐怖心もありませんでした。

術後の反動も無くすぐに退院できたので、やっぱり局所麻酔にしてよかったなと思いました。

 

抜けたプレートは自宅に持ち帰れるらしいです。長さが大体15センチほどでした

 

・鎖骨骨折(外科手術あり)の治療の大まかな流れ

1、レントゲン撮影

2、手術まで肩にゴム状のバンドを固定

3、手術開始

4、入院期間

5、退院

6、骨がつながったら抜釘

 

個人差があるとは思いますが、僕の場合の流れはこのような感じでした。

(今回記載した内容も僕の場合は相当大きな骨折だった為苦しんだ部分もありますので皆さんが同じというわけではありません)

 

いろんな部分の骨がありますが、骨折してしまったら一番痛むのはどの部分なのかとインターネットで調べたことがあります。

もちろん痛みの感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、鎖骨骨折はかなり上位だそうです。

折れてしまったことがある方は分かるかもしれませんがものすごく痛いです。

職業柄危険な仕事や、趣味などでスポーツをやられてる方は特に気をつけてくださいね!(^_^)